インテリアコーディネーターの資格について

資格とは、一般的には、「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3つに分けられ、インテリアコーディネーターは、そのうちの「民間資格」にあたります。

民間資格とは、民間の団体が独自の基準で認定できる資格のことで、さまざまな商社やメーカーなどが実施しています。

ですから、インテリアコーディネーターは、医師などのように必ず資格を取得しなければいけないものではありません。

しかし、実際に企業が資格の有無を採用基準にしていることが多く、給与に資格手当てをつけているところもあります。

資格を取得すると、公的な名簿に名前が登録され、社団法人インテリア産業協会のセミナーなどにも参加できるので、ネットワークも広がり、有利になります。

インテリアコーディネーターの資格は、お客様からの信頼を得るための武器になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です