一人暮らしのインテリアと照明

照明は、同じ灯りでも、照らす方向や強さによって、全く違った雰囲気を作り出してくれます。

一人暮らしのインテリアを考えるとき、天井にもともとついている蛍光灯の他に、ライトがあるといいですね。

シェードの色や形によっても灯りの反射具合が変わりますし、向ける方向によってもいつもと違った雰囲気が味わえます。

特にリラックスしたいときには、蛍光灯を消して、ライトの灯りだけで、過ごすのもよいですね。

最近流行っているのは、床に置くタイプのもので、下からの灯りはとても神秘的です。

このように直接照らさないものを「間接照明」といい、オレンジ色の灯りは、とてもリラックス効果があるといわれています。

昼間見たものが全く違うものに見えたりして楽しいですよ。

雰囲気のよいレストランやお店では、この間接照明が、ムードづくりに使われていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です